各地でトイレットペーパーの品切れ相次ぐ「マスクの原料」全くのデマ!

投稿者:


西日本新聞によると熊本県内のドラッグストアやコンビニからトイレットペーパーが品切れしているらしいのです。

その理由は新型コロナウイルスで感染拡大が広がる中でマスクが品薄になるので原料として紙が使われるようになり、トイレットペーパーが品薄になるというSNSが拡散されたため。

一時九州エリアではツイッターで話題になる「トレンドワード」に急上昇までになった。

しかしその情報は全くのデマ!!

こういったデマで熊本市民が惑わされてしまったのも、2016年の熊本地震の際に、生活物資が一気に店頭からなくなったときの記憶があったからと推測されます。