”最後の”センター試験17日からはじまる。受験生に安全パイを選ぶ傾向

投稿者:


出典:読売新聞

今年最後となるセンター試験が昨日からはじまりました。
多くの問題を抱えながらも来年度から導入が決まった大学入学共通テスト置き替わることもあり、受験生の間には先行き不透明な大学受験制度を考えて、今年の受験生には、今年中に志望校の難易度を下げて現役合格を目指す「安全パイ」の選択が目立つそうです。

大手予備校・河合塾の調査によると今年の受験生の特徴として、難関大を避ける傾向がみられることがわかっています。その根底には共通テストを避けたい受験生の心理が働いていると思われます。

共通テストの出題傾向が不明すぎる点が不安材料になるとともに、文部科学省による入学定員管理の厳格化したことで難関大を中心に合格者を絞られていることも背景にあるようです。